2020年10月13日

UiPathライセンス販売

UiPathの新ライセンスモデル

UiPath社は、2020年4月の新バージョンのリリースの一環として新製品を提供開始し、 自動化のさらなる進化を実現することを目指し、一貫した包括的なエンド・ツー・エンドのハイパーオートメーションプラットフォームを提供するために、ライセンスモデルを変更する ことになりました。

尚、これまでのライセンスモデルは、今後一部の新規受付を終了し、新ライセンスモデルに移行していくこととなります。

パワーソリューションズでは、新ライセンスの販売を承っております。

パワーソリューションズでは、従前のライセンスモデルの販売だけでなく、新製品及び、新ライセンスモデルのご説明、ライセンス販売を開始しております。
ライセンス体系、価格等、ご不明な点がございましたら、お気軽にこちらまでお問い合わせください。

新ライセンスモデル体系

ユーザーの役割に応じた商用ライセンス

従前では製品別の利用ライセンス(開発用のStudio×1ライセンス、実行用のRobot×1ライセンスで、最小構成が2ライセンス)でした。新ライセンスモデルになってからは、ユーザー1人に対して、そのユーザの役割に応じた「複数種の製品が利用可能なライセンス」が1つという考え方のライセンスモデル(NamedUser)になりました。
以下が、新ライセンスモデルにおける役割毎のライセンス種類と、利用可能な製品群の一覧となります。

ライセンス名 On Prem/Cloud NamedUser/MultiUser ユーザータイプ 製品構成※ 購入前提条件
Action Center 両方 両方 ワークフローへの承認や情報入力のみ行うユーザ向け AC/TC OC導入
最小購入単位:5ライセンス
Attended 両方 両方 ロボットを実行する業務部門ユーザ向け AC/AR/TC
Citizen Developer 両方   業務部門内でワークフローを開発するテックリーダー向け AC/STX/AR/TC
RPA Developer 両方 両方 ワークフローを開発するRPA開発者向け AC/ST/STX/AR/TC
RPA Developer Pro On Prem 両方   AC/ST/STX/STP/AR/TC OC導入
Process User On Prem NamedUser プロセスマイニングを閲覧するユーザ向け PMU/TC Process Mining – Process購入
Process Developer 両方 NamedUser プロセスマイニングとRPAを設計する開発者向け PMD/ST/STX/AR/AC/TC Process Mining – Process購入
Tester On Prem NamedUser 様々な形式のアプリケーション検証を管理する為のライセンス TC/TU OC導入
Test Developer Pro On Prem NamedUser RPAやその他の機能に対する自動化及び検証機能 TC/TU/AC/AR/ST/STP OC導入

凡例:AC: Action Center/ AR: Attended Robot/ ST: Studio / STX: StudioX/ STP: Studio Pro / TC:Task Capture/ TU: Tester User / PMD:Process Mining-Developer / PMU:Process Mining-User